第29話 庶民から皇帝に

白洛因は軍の仕事が再開する前日に顧海と共に一度寮に戻った。顧海が二度ここへ来た時と今の2人の関係は全く変わっている。
顧海は寮に入ると白洛因の顔を見ずに部屋から追い出した。

顧海は悪意があった訳ではなく、こんな汚い部屋に白洛因を住まわせる訳にはいかなかったのだ。

顧海は整然とした兵士のように部屋の中を片付け始めたので、白洛因も手伝いたかったが叱られてしまった。
「外にでも出てろ!ちゃんと片付けとくから。」

顧海がたくさんの宝物たちを捨てていくのを、白洛因はただ黙って睨みつけることしか出来ない。

「おい!それは昔、部下に買ってもらった加湿器だから!」

それを言わなかったら捨てなかったものの、これを聞いた途端顧海は床に投げつけて捨てた。

「灰皿も捨てるのか?」

白洛因が悲しそうな顔でそれを床から拾うと、ドアによっかかっている顧海は不機嫌そうに見つめていた。

「俺が新しいの買ってやるから!」

ーそんな宝物みたいに持ちやがって……この8年間どうやって生きてきたんだ?


白洛因は寮の外に立ち、将校と兵士が通り過ぎるのを眺めていた。何人かは白洛因に部屋へ入るように言ったが、白洛因はただ困ったように笑うだけだ。
数百人を束ねる副大隊の隊長が、部屋が汚くて軍外部の誰かに叱られて外に出されているとは口が裂けても言えない。


部屋の掃除が殆ど終わった頃、白洛因が帰ってるくると顧海は毛布を抱えていた。

「毛布も捨てるのかよぉ。」

「お前それ本気で言ってんのか?」
顧海が不機嫌そうに白洛因を振り返った。
「触ってて汚いとは思わないのか?これ使っててシラミがついたら嫌だろ?」

白洛因がそれに触れると、確かに汚れていた。
ーなんで今までわかんなかったんだ?

「マットも捨てるのか?」

白洛因は顧海がベッドのマットを取り外しているのを眺めながら声をかければ、顧海の手が止まり、白洛因の事を睨みつけた。

「マットだって?ベッドごとだよ馬鹿!」

「これは軍の提供物だから捨てらんねぇよ。」

しかし、白洛因は自分の男の前では隊長などという権限は持っていないため、顧海は聞く耳を持たず顔色を変えずに白洛因の額に指を突き当てた。

「いいか、今すぐ部下を誰か連れてこい。このベッドを訓練所に持ってって上官がカビの生えたベッドで寝てるところを見せてやれよ。」

「カビ?どこに?」

白洛因は身を乗り出した。

顧海は話すのも面倒になって何も言わずに、枕を取ると後ろのゴミ箱へ投げ捨てた。

途端、白洛因がそれを急いで拾い上げた。

「枕はダメだ!」

顧海は動きを止めて、白洛因に手を伸ばした。

「それを渡しなさい。」

白洛因は枕を背中に隠して断固として渡そうとしなかった。

「何年もこれで寝てたから、もうこの枕じゃないと寝れないんだ。」

顧海は汚れて黒くなった枕を見て、白洛因に申し訳なくなった。
ー洗うのもダメなのか?そんな汚い枕カバー、公衆トイレの雑巾で十分だろ。

「渡せ!」

しかし顧海の態度が変わる訳ではなく、白洛因の眉もどんどんと吊りあがっていった。

「顧海、なんでそんなすぐに怒るんだよ!」

「たった今お前が怒らせたんだよ!」

そう言うと、白洛因は背中から脇に枕を固定して、枕のために顧海と戦おうとした。顧海は元々白洛因の寮の状況に腹を立てていたため、親切に片付けをしてやったというのにこの男は態度を改めるどころか、赤ちゃんのように汚い枕を抱きしめて離さない。

顧海は白洛因が枕を守っているのを見て、1歩下がった。

「わかった。じゃあそれは捨てないでやるからせめてカバーだけでも洗わせてくれ。」

「カバー取れない!」

「ほんっとにこのバカは……!」

不機嫌に一歩踏み出すと、顧海は枕カバーを掴んで尋ねた。

「枕になんかエロいもんでも隠してんのか?今確かめてやるよ。」

「枕にエロいもん隠してるわけねぇだろ?」

白洛因の顔は未だに心配そうだ。

顧海は隠されているものこそ暴きたい。ただ枕が床に置いてあれば興味は無かったかもしれないが、白洛因が頑固に隠せば隠すほど、見たくなる。
2人が枕カバーを引っ張っていると、遂に破れてしまい、中から服が落ちた。

顧海は服を拾うと、何も言えなかった。

「枕の高さが足りなかったから服を入れたんだよ。」

白洛因が平然を装ってそう言えば、服を掴んだままの顧海が複雑そうな顔で白洛因の元へと歩いた。

近づいてくる顧海から目をそらすために外へ視線を向けていた。

「外なんか見ても誰もいねぇよ。」

そう言うと突然顧海は白洛因の胸を殴った。声には隠しきれない怒りが溢れている。

「まだ教えてくれないのか?なんで俺の服を抱きしめて眠ってたほど俺を想ってたのに、連絡はしてくれなかったんだ?なんでそうやってすぐ一人で抱え込むんだよ……そんなに俺たちは何年も苦しまなきゃいけなかったか?」

白洛因は顧海の拳を強く握りしめると、暗い声で話した。
「お前も俺を想ってくれてるかなんて分からないだろ?」

顧海は歯を食いしばって頷いた。
「あぁ、そうだな。お前の母親は冷たいもんな。一人で俺を愛して、全部隠すことが美徳だとでも思ってたのかよ!」

「顧海、なんでそんなこと言うんだよ!!」

その後、2人はゴミ箱の周りでドアの軋む音が鳴るまで殴り合いを続けた。

刘冲は松葉杖をついてドアに立ち、彼の絶対的な隊長が取引先の社長を押し倒していた。彼の目は驚きで見開かれ、まるで眼球が零れ落ちてしまいそうだ。

白洛因は顧海を押しのけると、隊長としての威厳を取り戻そうとした。

「なんでノックしなかったんだ?」

刘冲の目が驚きから緊張に変わった。
「わ、私はノックしました!聞こえなかっただけですよ!」

「返事がなくても入っていいのか!」

白洛因が冷たい顔でそう吠えると、刘冲は狼狽えたように頭をかいた。
「以前返事がなくても勝手に入っていいと仰ったじゃないですか……わ、私は間違ってますか?」

白洛因の周りは冷たく凍り、彼は目を細めて話した。

「俺が、そう言ったのか?」

刘冲は体を強ばらせると、急いで軍式の敬礼をした。

「いえ!隊長は仰っていませんでした!」

白洛因は袖で汚れを拭くと、満足そうに言った。
「よし、中に入れ。座って話そう。」

刘冲が中へ入ると、椅子は1つしかない。
ーどこに座れって言うんだ?

顧海は刘冲を監視していると、椅子が1つしかなくドアの前で立ち尽くしていた。しばらくすると恐る恐る中へ入ると、彼は顧海と白洛因の間へ座り、丁寧に手を差し伸べ挨拶をした。

「お久しぶりです!」

顧海は心の中で刘冲を褒めた。
ー白洛因に訓練されたいい兵士じゃないか!

白洛因は水を汲んだコップを持ってきて、働いてくれた顧海に渡そうとしたが、手を伸ばしてきたのは刘冲だった。

「隊長、ありがとうございます!」

白洛因の表情が一瞬で険しくなる。

「よくここに来るのか?」
顧海は嬉しそうに刘冲に尋ねた。

刘冲は白洛因を見て微笑んでから、顧海の質問に慎重に答えた。

「はい!この時間は大体来てます。隊長は親しみやすく、自由に家に出入りさせて下さるだけでなく、食べ物まで与えてくださるんです!今年は実家に帰らなかったのですが、隊長は自分に家まで美味しい食べ物を3日間で2回も送ってくださったんです!本当に感動しましたよ!」

顧海が鼻を鳴らした。
「俺もすごい感動したよ!」

刘冲は顧海が信じてないと思い、続けて白洛因のいい所を話し続けた。
「隊長の性格は言うまでもなく、自分の命すらも預けられるほど信頼できます!こうと決めればそれを突き通しますし、会社としても共に働くことを絶対に後悔しませんよ!」

顧海はこっそり歯を食いしばった。
ーお前の隊長様は昨日の夜、俺のベッドで寝てたんだぞ?

白洛因は2人の話すのを止めて、なにか違う話を振らなければも必死に考えていた。

「そうだ刘冲、お前なにしに来たんだ?」

白洛因が尋ねると、刘冲は水を一口飲んでから元気に答えた。
「なぜって、隊長に会いに来たんですよ!」

隊長に会いに……会いに……

「掃除してたのが分からないのか?」

それを聞いて刘冲は慌てて立ち上がった。
「隊長!私も手伝います!」

白洛因は刘冲を同情の目で見た。
「いい、戻って休め。」

刘冲は心の底から微笑んだ。
「そうですか……じゃあ戻りますね。隊長!足が治ったら一緒に飛びましょうね!」

白洛因はそれを聞いて窒息しそうだった。

顧海の顔はホラー映画のポスターのようになっている。

「そうだな。"飛行訓練"で、"空に"飛ぼうな!」

白洛因はそう顧海に説明するように話すとドアを開けて帰らそうとしたが、痛みを訴える声が聞こえた。刘冲の怪我だとすぐに分かり、白洛因は急いで駆け寄った。

刘冲は床から立ち上がると、恥ずかしそうに白洛因に話した。
「大丈夫です!……転んだだけなので。」


顧海は白洛因の寮で一日中働き回り、全てが済んだのは夕方だった。見てみればまるで別の部屋のように見える。大きな家具は全て新しいものに変えられ、ふわふわで柔らかい羽毛布団は、前の湿った重たい毛布に比べて天地の差だった。テーブルも新しいものに変えられ、上はハンドウォーマー付き、下にも暖房がついており、引き出しにはドライヤーが入れられている。隣のコーヒーテーブルには新鮮な果物と皮が剥かれた栗が置いてある……

白洛因の部屋は庶民の部屋から皇帝の部屋へと変わったようだった。

家を出る前、顧海は必要に白洛因に話した。
「忘れるなよ。部屋に無闇に人を入れるな。ジャンクフードは買うな。風呂から上がったらドライヤーをしろ。定期的にチェックしにきてどれかが見つかったらお仕置を……」

「わかったわかった。ちゃんとやるから。」

白洛因はせっかちに顧海を外へ押し出した。